自分で名刺作成するメリットとデメリット

ビジネスマンやハンドメイド作家など、様々な業種の人にとって自己紹介時の必須アイテムと言えるのが名刺です。会社でまとめて作ってくれるところもありますが、中には名刺作成は個々の自由に任されている企業もあります。名刺を作るにはいくつかの方法があります。一般的なのはインターネットや地元の印刷業者に依頼して作る方法ですが、自分でこだわりの名刺を作ってしまうという方法もあります。なかなか難しそうに思われがちですが、名前や役職、連絡先など名刺に記載しなければならないことなど必要最低限のルールを押さえれば、オリジナルの名刺が簡単に出来上がります。ありふれたデザインの名刺よりも、世界で一つしかないデザインの名刺で自己紹介をすれば、受け取った人からの印象も良いものになります。

自分で名刺作成するメリットとは

自分で作成すると、思い通りのデザインのものが作れ、紙質や色にもこだわることができます。家庭のパソコンなどでも簡単にデザインから印刷まで行うことができるので、業者を探して依頼するという手間が省けます。デザインが苦手という人や、より効率アップを求める人にはインターネットで無料のテンプレートがダウンロードできるようになっています。また、ミシン目が入っていて簡単に名刺サイズにカットすることができる専用の印刷用紙も市販されています。専用の用紙なので仕上がりもきれいですし、最近は用紙の種類も豊富になってきました。印刷する枚数が自由に決められるので、デザインに飽きてきたらまた新しい名刺を気軽に作り替えられるというところも、自分で名刺作成するメリットと言えます。

自分で名刺をつくるデメリットとは

プロの印刷業者は、レーザープリンターなどの高品質な印刷方法で名刺を作成しています。綺麗に印刷できる他に、雨に濡れてもインクが滲まないという特徴があります。一方、自分で家庭用のインクジェットプリンターなどで印刷した場合だと、雨に濡れるとインクが滲んでしまうことがあります。対策としては耐水性の顔料インクが使えるプリンターを用意すればいいのですが、染料インク対応の一般的に家庭に普及しているプリンターに比べると高価な品物になってしまいます。ビジネス用の名刺だと、サイズが決まっていたり、あまり派手になり過ぎないデザインが求められるなど、制約があって悩んでしまうこともあります。自分がどのくらいの頻度で名刺を使うのか、また名刺を渡す相手はどのような人たちなのかなど、状況を考えて作成することが大切です。