印象的な名刺作成をするためのコツとは

真っ白なバックに黒の文字で会社名や部署、名前が記載されている名刺はよく見かけますが、正直ほとんど印象に残らないのでどの名刺が誰の名刺だったか分からなくなってしまうことはよくあります。そんな中でも最近では写真やイラストが入ったものなど、様々な工夫が施された名刺もみかけるようになりました。形も一般的な名刺の形でない物もあり、そのような物はたくさんの名刺を貰う人にとっては今後他の人の名刺を確認する時でも目につきやすくなり、長期的に印象に残りやすくなります。また名刺は片面のみの印刷の名刺作成が一般的ですが、自分を紹介するための折角の名刺に空白を開けておくのはとても勿体無いことです。自分自身の詳しいプロフィールを載せておく事で、会話のきっかけになることもあります。

写真やイラスト入りの名刺作成のコツ

写真やイラストを載せることによって、一瞬で文字だけとは比べものにならない程の視覚的な情報を与えることが出来ます。しかし、恥ずかしいからといって小さく写真を載せるのは見にくくあまり意味が無いので、半分近くの面積を使って載せるようにしましょう。名刺の本来の役割は自分を紹介することであり、名前だけを紹介している訳ではありません。また選ぶ写真の表情にも注意が必要です。写真はなるべく笑顔のものを選ぶようにしましょう。少しの表情の違いによって人に与える印象は全く違ってくるので、慎重に選ぶようにしましょう。より柔らかい印象にする為には、イラストで似顔絵を載せることも有効です。基本的にはイラストの方が写真よりも親しみを感じやすい傾向にあるので、写真とはまた違った印象の名刺になります。

名刺のウラ面を利用した名刺作成

名刺のウラ面は真っ白になっている人が多いですが、折角のウラ面は自分をアピールする為に使いましょう。生年月日や血液型など簡単なプロフィールや趣味、資格など様々な情報を載せると、印象に残りやすくなります。プロフィール以外にも業務実績など、自分の実績をアピール出来る事を載せておくのもおすすめです。仕事を一緒にする人の具体的な業務実績が分かっていると、分かっていない場合に比べて信頼しやすくなります。たくさんの情報を載せることによって相手に良い印象が残せますが、詰め込み過ぎにも注意が必要です。折角の情報を載せていても読んでもらえなければ意味がないので、読みやすいように作ることも大切です。