初めての人にもわかる名刺作成の仕方紹介

名刺作成する時の注意点をまとめました

ビジネスマンにおいて必須とも言えるツールが名刺です。三種の神器のひとつとも言うべき重要なアイテムであり、売り上げに繋がる顧客の次のアクションのための起爆剤としてなくてはならないものです。しかし、それゆえ名刺作成の際に気をつけなくてはならないことがたくさんあります。どこに所属しているか、どんな人物であるかを読み取る、いわば信用・安心を与えるツールでなくてはならないということを忘れてはなりません。だれかの紹介であればまだしも、初対面の相手を信用するためには、小さい紙切れである名刺に、相手を信用させてなおかつ安心させ、さらにワンアクション起こさせるような名刺作成を心がけなければなりません。ここでは、名刺作成時における注意点やポイントをご紹介します。

必要な情報を分かりやすく、見やすくシンプルに

まず、基本的な情報は外せません。本人の氏名、所属している企業・団体の名称、役職名、そして所属団体の連絡先です。企業のロゴがあれば、そちらも掲載しましょう。人間は文字情報よりもイメージ・画像の情報を優先する傾向にあります。ただし、グループ・チェーンなど系列店や支店名は裏面に書いた方が得策です。上記よりも情報量が増えると、与える印象がより散漫になってしまい、日にちがたつと「どんな人だったか思い出せない」という事態を招く確率が高くなってしまいます。ポイントとしては、シンプルに必要最小限の情報を盛り込むということです。また、必要に応じて手渡す際にメモやコメントを入れるケースを想定して、少しスペースを設けておくと、解放的なイメージを与えることができ好印象です。

業界・業種のイメージに沿ったデザインを

注意すべき点の2つ目は、業界・業種に沿ったデザインやイメージで作成することです。エステや美容室ならおしゃれでクールなイメージ、カフェやパン屋ならブラウンやオレンジがいいでしょう。また、証券・株式会社であれば少し堅いイメージ、自動車メーカーであればスタイリッシュなイメージなど、業種を想像しやすいデザインからあまりかけ離れないようにしましょう。よほど考え抜かれたデザインでない限り、ちぐはぐな印象しか受けず、業績に結びつきにくくなります。また、名刺を受け取った相手がアクションを起こそうとした際、スムーズに行くよう配慮されていると勝機が上がります。たとえば、営業職なら氏名の下に個人の携帯電話番号を掲載したり、イラストレーターならポートフォリオとなるHPのアドレスを目立つように配置したりなど、ちょっとした工夫が勝敗を分けます。

980円で注文出来る名刺激安パックがある。 CDジャケット印刷はSEOでずっと1位をキープ。 入稿データのチェックが丁寧で速い。お客様に対して電話・メールのレスポンスが速い。 全商品、価格は全て税込み表記なので消費税を気にせずにお買い物をすることが出来る。 CDジャケット印刷、DVDジャケット印刷、紙ジャケット印刷。 2月からオリジナルうちわの早期キャンペーンを行います。 2つ折り名刺の印刷ならお任せ!